看護部のご紹介

画像:看護部

看護部長あいさつ

画像:町田 久美子
看護部長 町田 久美子

私たち看護部職員は、慢性期疾患や難治性疾患の治療による長期療養や、家庭復帰や社会復帰を目指す回復期リハビリを目的にご入院されている患者さまに、最も近い存在として信頼をいただけるよう、「その人らしさ」を一番に考えた看護を日々行なっています。また、「ご家族さまとの信頼関係の構築には何が必要なのか」を常に課題とし、より良質な看護の提供を心がけています。

そういった考えのもと、看護職員一人ひとりが積極的に自己研鑽し専門的知識を習得し、活かすことのできる環境づくりを実践しています。例えば、院外研修への参加を支援したり、院内研修の一環として新人にはプリセプターシップを採用し1年間のフォローを行なうなど、しっかりと成長を見守ります。それと同時に、クリニカルラダーシステムを導入することで、看護・介護の実践能力の向上と良識のある社会人基礎力の育成を行ない、職員がそれぞれ目標を持ち、着実に成長できるようサポートしています。

また、たとえ結婚、妊娠、育児といったイベントがあろうとも、夜間託児や短時間正職員制度などを整え、働きやすく、働き甲斐に繋がる組織でありたいと思っています。
「地域の皆さまに安心と生きがいを提供する」という当院理念に基づき、求められ、選んでいただける病院を目指し、これからも邁進いたします。

特色

1.患者さまが安全・安心して生活できる療養環境を提供します
患者さまそれぞれのニーズに応じた、安全で的確な看護・生活の場の提供を目指すのはもちろん、癒しのある快適な空間をつくり、私たち看護師も環境であることを認識して取り組みます。
2.一人ひとりの患者さまの権利と人権を尊重し、尊厳を守り対応します
患者さま、広くは社会の人々の生命、人としての尊厳を尊重します。それに伴い、一人ひとりの生活史、人生観を尊重し、個別性のある看護をします。
3.医療チームの一員として常に自己研鑽し、温かな看護を行ないます
病める人の身になって心のこもった看護をします。また、看護職員としての豊かな心と感性を持ち、常にケアの本質を追求し、責務を果たします。

スタッフの声

回復期リハビリテーション看護師 主任 清水 朝来子

画像:主任 清水 朝来子

当院の回復期リハビリテーション病棟には協会認定のリハビリ看護師が3名在籍し、看護師と介護士が24時間リハビリ看護実践の役割を担っております。主な内容は、「看護・介護 10ヵ条」に基づいた排泄・入浴・食事・口腔ケア・更衣の自立に向けたケアです。回復期リハビリテーション病棟に入院される患者さまやそのご家族は元の生活に復帰するためにリハビリテーションへ大きな期待を持っていらっしゃいます。と同時に、大きな不安も抱えていらっしゃいます。私たちはその期待と不安に寄り添いながら、多職種でのアプローチを大切にし、個々の目標達成へと導いています。また、入院中だけでなく、退院後の生活も見据え、介護や再発予防の指導にも力を入れています。認定看護師として質の高いケアを提供するための自己研鑽はもちろんですが、回復期リハビリ看護の専門的知識と熟練した看護技術が実践できるよう、病棟スタッフへの教育プログラムを今後さらに充実させていきたいと考えています。そうすることで、患者さまやご家族を中心とした、これまで以上に温かく、そして力強いチームづくりを目指します。

看護師 前田 咲紀

画像:前田 咲紀

子どもの頃から人の役に立つ仕事をするのが夢で、介護士になりました。働くうちに、「もっとできることを増やしたい」と思うようになり、介護士をしながら学校へ通い、看護師の資格を取得しました。現在は看護師として充実した日々を送っています。介護士だった頃に比べ、できる業務が増えたことで、観察力が高まり、これまでとは視点も変わってきたなと感じています。常に医師をはじめリハビリテーション部など他の部と連携を図りながら情報を共有する当院のリハビリは、患者さまとそのご家族にとってまさに理想の形だと思います。寝たきりだった患者さまが車椅子に乗れるようになり、杖で歩行できるようになり…と改善されていく度に自分のことのように嬉しくなります。これからもチームワークを大切にし、患者さまにより良い環境を提供していきたいです。

看護師 鬼武 明日香

画像:鬼武 明日香

私の所属する病棟では、寝たきりの患者さまが多くおられます。日々、表情やお話の内容から些細な変化を汲み取り、少しでも異常を感じた場合、医師に正確に報告することに細心の注意を払っています。私が看護師を目指したきっかけは、母が看護師だったことと、自分が入院したときに担当してくださった看護師さんに憧れたことです。実際に看護師になってみると、忙しさ、責任、命をお預かりする怖さなど、現場に出てみないとわからなかったことの多くに気づきました。それでも患者さまやそのご家族の方に「ありがとう」と言っていただくと、「もっと信頼される看護師になりたい。この看護師さんで良かったなと思ってもらいたい」と強く思います。当院は患者さま一人ひとりと関わる時間が長いのが特徴です。病状だけでなく、人柄や個性までしっかりと理解し、これからも患者さまと向き合っていきたいです。

看護師 木村 唯

画像:木村 唯

高校の看護科を卒業し、すぐに当院に入職しました。小学校の頃から憧れていた看護師になり、日々誇りを感じながら業務をしています。まだ看護師になって2年目で不安なこともありますが、先輩方がいつもアドバイスしてくださったり、助けてくださるので徐々に自信がついてきています。そして、入院時には改善が難しいとされていた患者さまが予測していた以上に回復されたときなど、「看護師になって良かった」と喜びを感じる場面も多々あり、モチベーションにもつながっています。1年目の目標は「患者さまに寄り添う」でした。2年目の目標は「元気を与えられる存在になる」です。これからも患者さま第一の姿勢を崩さず、日々取り組んでいきます。

介護士 田﨑 みな子

画像:田﨑 みな子

介護士として、食事やお風呂の介助、オムツ交換などさまざまなケアを行なっています。以前は保育士をしており、人に接する仕事に多少の自信はあったのですが、介護士になった当初はやはり勝手が違い、戸惑うことも多々ありました。しかし、当院は、医師をはじめ看護師、理学療法士、作業療法士などでチームを作って患者さまのリハビリに取り組むため、いつでも相談できる環境があります。そして、患者さまの病状を把握し、個性を理解し、そういった情報をチームで共有することで、患者さまにとって一番良いリハビリが提供できていると自信を持っています。現在、社会的にも介護士は不足し、業務も厳しいとされています。そんな中、現状に満足することなく、少しでもできることを増やし、患者さまが心地よく過ごせるようスタッフ一同で日々努力しています。当院はチームワークで患者さまとそのご家族を支えていきます。