特色のある委員会活動

教育委員会(平成30年実施分)

全職員を対象とした教育や研修プランを立案し実施しています。

  • リフレッシュ研修(新規入職者対象・2回/年)
    • 湯野観音岳歩け歩け大会
    • 湯野ウォーキングラリー(雨天時:卓球大会)
  • 全体研修(1回/月)
  • SWOT分析による管理職研修
  • 他部署研修【シャドイング】(2018年7月から実施)

年間計画(平成30年度)

<平成30年度 教育委員会 研修表>

日付 テーマ 目的・内容 担当
5月 院内NST inBody測定体験会 リハ栄養で注目されているNST inBody測定を体験する NST委員会
6月 褥瘡栄養管理
~オルニチン配合補助食品の効果~
オルニチン配合補助食品の効果を知る事ができる 栄養課
6月 看護補助者に対する研修計画 ①対象患者を理解し、看護補助者として異常の早期発見と患者の安楽に努める為に必要な知識と技術を習得し、再認識をする
②感染防止と医療安全について
③病院職員として医療制度の概要と当院の機能、組織の理解をする。守秘義務、個人情報について理解をする。
教育委員会
7月 看護部認知症研修 看護部スタッフに向けて認知症患者の予防・対応を指導し知識・技術向上を目的とする 教育委員会
7月 サルコぺニア診療ガイドライン2017と最新のリハ栄養の実践 ~熊リハ吉村芳弘先生ライブ録画講演~ サルコぺニア診療ガイドライン2017と最新のもの視聴
リハ栄養の実践
NST委員会
7月 感染研修 医療従事者に必要な感染対策の基礎知識を習得できる 院内感染防止対策委員会
7月 口腔ケアについて 標準的な口腔ケアの手法を理解できる リハビリテーション部
8月 安全研修 平成29年度のインシデント・アクシデントの振り返り義歯に関連する事故防止対策 医療安全対策委員会
8月 離床について 離床の意義・有効性が理解できる リハビリテーション部
9月 認知症について 認知症患者の対処方法を知る事ができる リハビリテーション部
10月 NST中間報告 NSTデータの報告 NST委員会
11月 呼吸リハについて 呼吸リハの基本について理解することができる リハビリテーション部
12月 ポジショニング研修 ウエルピーHCの使用方法を知る事が出来る 看護部 リハビリテーション部
12月 倫理研修 臨床倫理について深める リハビリテーション部
1月 転倒予防 デュアルタスクトレーニングの効果の理解 リハビリテーション部 
3月 NSTまとめ報告 NST委員会の1年のまとめを報告する NST委員会

他部署研修

新規入職者は、自分が所属する部署以外で半日~1日研修を受け、他職種がどのような業務を行っているかを学びます。

CFT委員会

当院におけるCFT(クロスファンクショナルチーム)は、各病棟(回復期・障害者一般・医療療養)における課題解決のために、全部署横断的に選抜されたメンバーで構成されています。

医療安全(転倒予防チーム)

画像:岩崎師長

医療に関わるあらゆる種類の危険を認識し、医療安全のための対策および職員教育を行うとともに、事故発生時およびその後の対応を行うための委員会です。年に2回の全職員を対象とした研修や院内ラウンド等を行っています。
また、当院は、日本転倒予防学会に施設会員登録しており、PT1名、看護師2名が転倒予防指導士として認定されています。院内での研修、転倒予防に関する啓発活動や地域の高齢者に対する体操指導等行っています。

地域支援活動委員会

画像:岩崎師長

地域包括ケアシステムの構築に向け、専門職の在り方も問われる時代の中、当院では平成29年度より、地域支援活動委員会を立ちあげ、有償・無償に関わらず、プロボノ活動を積極的に行っています。

院内感染防止対策委員会

病院内における院内感染症の発生を未然に防止するとともに感染症が発生した場合には迅速かつ適切な対応を行うための委員会です。
年に2回の全職員を対象とした啓蒙研修や院内ラウンドを行なっています。
又、その結果をフィードバックする事により更に感染対策に関する知識を高め重要性を自覚するように導いています。

褥瘡対策委員会

日本褥瘡学会施設会員に登録し、委員会では多職種による医師、看護師、栄養士、セラピスト、薬剤師、事務職員で構成されています。毎月1回褥瘡回診、委員会を行っています。発生予防を重視しドレッシング剤、体圧分散マットレスも豊富に揃えています。これから予防に力を入れていきたいと思います。

褥瘡対策チーム委員会

各病棟ごとに褥瘡患者の新規発生、継続患者の報告を行い対策を検討しています。
褥瘡の評価、治療内容の検討、体圧分散寝具の指導を行っています。

NST委員会

平成30年度より口腔ケアサポート委員会を融合して新たに再編成
栄養管理、口腔内管理、摂食嚥下・リハビリテーションを柱とし活動しています。

臨床倫理委員会

臨床現場における様々な倫理的課題に対するコンサルティング、また倫理的課題に気づき、対応できる職員の育成、研究発表等に関する倫理的審査を主に行っています。
また、日本臨床倫理学会の施設団体会員であり、現在、臨床倫理認定士養成研修に、看護師とリハスタッフが参加しています。