理念

地域のみなさまに「安心と生きがい」を永続的に提供する。

基本方針

1. 私達は、「あたたかみのある療養環境」を提供します。
自分の身内や本当に大切なひとに対して自信をもってすすめることができるような療養環境をめざします。
2. 私達は、「患者さまの視点に立って」サービスを提供します。
患者さまのQOL向上をめざし積極的に提言し自ら率先して行動します。
地域のみなさまのニーズに応じたサービスを永続的に提供するという観点から業務の効率化をめざします。
3. 私達は、和を尊び「明るい職場作り」をめざします。
職種による上下関係などはなく患者さまを中心としたそれぞれの役割を確認し、尊重しあい、チームの一員として責任感をもって職務にあたります。

管理者あいさつ

院長 あいさつ

画像:院長近影
廣田 晴郎

地域の医療機関にとっては近隣医療機関との密接な連携をとり協力を得ながら診療レベルの向上を目指して行くことが不可欠です。当院では、九州大学医学部第3内科と心療内科の全面的な支援を受け、内容を充実して参りました。最近は入院者の高齢化と重症化が一段と進み、医療現場においては過大な負担となりつつあります。また、診療の現場では身体的・精神的対応だけでなく社会的・経済的・福祉的なアプローチが求められて来ています。これからも、恵まれた自然環境を活かしつつ、早期の在宅復帰・社会復帰を考えたリハビリテーション部門の充実により、地域の皆様に信頼される「周南リハビリテーション病院」づくりを目指して職員一同一丸となって努力して参る所存です。皆様のご指導ご支援をよろしくお願い申し上げます。